「留学生目線」Business Report vol.18

留学生目線

日経新聞

日本経済新聞の九州版で留学生と地域の関わりについてご紹介する記事が紹介されていました。
こちらの記事にはいつもお世話になっているJTBコミュニケーションズデザインの滝川氏のコメントも出ております。
さて、留学生はどのような存在なのか?
私は毎日のように留学生と接していますが、自国との橋渡し役としていつも活躍していると感じます。
それは決して本人たちも意識していないことでしょう。
==
留学生は多い子で1か月に1回くらいのペースで自国の方々の日本観光のサポートをすることがあります。
家族や友達、知人など多くの方々が日本に来られます。良くも悪くも留学生の発言が自国に響いているのだと思います。
逆に日本人のお友達からも、自国の観光について長期の休みに差し掛かると質問を受けます。
ソウルではどこで泊まると安いのか?どのお店がおいしいの?安いの?など。
==
留学生はインバウンド、アウトバウンドの両方を兼ね備えたアプローチをしているのです。
留学生それぞれ個人的見解ではありますが、日本に住んでいるので、本当の日本の情報を伝えている存在として注目されるのは不思議ではないと思うのです。

アクセス・お問い合わせ

03-5577-2157

info@one-step1.co.jp

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-5-6 コトー駿河台501


電話をかける

お問い合わせ

PAGETOP